読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の取り扱い説明書ってありますか?その2

セミナー

 

その1の続きです。

 

宮岡真由美先生のアダルトチルドレンが幸せをつかむコミュニケーション講座

自分で自分のこと、わかっているようでわかっていなかったりしますよね?

 

「 本来の自分のタイプがわかると、自分をどう扱えばいいのか

《自分の取り扱い説明書》ができるので、

 相手とのコミュニケーションも楽になるんです。」と、宮岡先生。

 

私は自分のこと、わかっていませんでした。

 

タイプ別で、見ていくと

人には6つのタイプがあるそうです。

◎想像型(豊かな想像力・1人の世界)

◎行動型(環境への順応性が高い・行動力)

◎信念型(細部にこだわる・意見を曲げない)

◎反応型(楽しむのが好き・創造力がある)

◎思考型(事実の基づき考える・情報収集する)

◎感情型(人間関係を重視する・感情が表に出る)

 

チェックシートをつけていき、出たのが コレ

   ↓↓↓↓↓↓

f:id:noacocomiruku-3:20161011202926j:plain

 

意外な反応型がMAX。

 

きっと、想像型だろうと思っていましたが

「サッサァーーと行ってパッパッパーーと済ましちゃおう」

なんて言う、擬音語が多くて、意味のないゼスチャーをしたり

とにかく楽しいが基本。楽しくなかったら行かない。

という反応型

 

 

えーーーー!!なんか違うような、、、

と疑っていましたが・・・

反応型の特徴を聞いているうちに

やっぱいあるわ(°_°)

 

その時の感情だったり、状況だったり、で変わることがあるそうで

こういう傾向がある。と言う事らしく、決めつけてはいけないそう。

しかし

私は、楽しむなという禁止令をかけていて

楽しんではいけないというビリーフやん!!

 

このビリーフが解消されたら

私、性格変わちゃうかも\(◎o◎)/!

 

ウッキーー!!  キャッホーーー!!と

飛んで跳ねてるかもね。(o ̄∇ ̄o)♪

 

タイプ別に、関わり方や、褒め言葉も違い

愛し方と愛されかたも違うようです。

うまく合うと、コミュニケーションはバッチリ!

 

おもしろい講座でした。

あの人は何型だろう??と色々検証してみよーーっと

 

 

岡真由美先生、ご一緒して頂いた皆さま

ありがとうございました(*´v`*)