【犠牲】と【我慢】ビリーフチェンジ・セラピーを受けて気づいたこと*その2

犠牲と我慢のカードが出た意味は?

その1のつづきです。

 

ENMAカードという言葉だけのカード

無意識を意識化していくカードです。そこ来るかーーーーって💦💦なるんです。

 

私に出続けたカードは犠牲我慢

なんで 何回も出るの~~~~~(~_~;)って思っていました。

 

f:id:noacocomiruku-3:20170131190108j:image

そして 

先日受けた ビリーフチェンジ・セラピーで ようやくわかりました。

 

セッションの中で 小さい2,3歳の頃のわたしに身を置きます。

 

2歳の時に弟が生まれ 3歳の時に妹が生まれました。

わたしは3人兄弟の一番上のお姉ちゃんです。

 

生後2カ月から 保育園に通うほど 仕事が忙しい両親でした。

小さい頃の母親のイメージは疲れ切っている感じ

笑顔がなく 表情がなく ため息ばかり・・・

 

大人になった今は 「そりゃそうだよね~大変だったよね~」

と思えますが、子どもは事情なんてわからないですよね~

 

小さいわたしは 空気を読んじゃったようです。

 

疲れ切って 無表情のお母さん  わたしより更に小さい 弟、妹がいる

 

小さいわたしは

・お母さんは 疲れているから わたしは、わがままを言ってはいけない

・お母さんはしんどそうだから わたしが泣いて怒って 困らしてはいけない

・弟、妹が甘えるから お姉ちゃんは、お母さんに甘えてはいけない

・弟、妹が小さいから お姉ちゃんは、欲しくても欲しいっていってはいけない

 

これらのことを ずーーーっと そう思い込んできたのです。

 

だから

子どもらしくわがままを言うことや、泣いたり怒ったり 感情をぶつけること

甘えて安心感をもらうこと 欲しいものを欲しがることを

押し込めすぎて 忘れていたのでした。感じないようにしていたのです。

 

わたしは 色んなことを 人に譲ってきました。(弟や妹に譲るように)

本当は わたしも欲しいけど 別にいいやって譲っていました。

なぜなら  そのほうがうまくいくと思い込んでいたから

 

わたしが我慢すればいいと 自分を犠牲にしていたのです。

無意識に  大人になっても 繰り返していました。

 

ビリーフチェンジ・セラピーで 斉木智美先生の誘導に従っていくと

 

「わがままを言ったり 言いたい事を 言ってもいいんや」

「嫌だ!とか さみしいとか 腹が立つ!とか 言ってもいいんや」

「欲しいものは 自分で取りに行ってもいいんや」

と 気づくことができたのです。

 

そして

○○してはいけないと決めたのは 小さい頃のわたしだったのです。

決して親のせいではない 他ならぬ 自分で決断したことなのです。

 

健気と言うか おバカと言うか・・・

よく 我慢したよね~ 小さいわたし(ノД`)・゜・。

 

兄弟関係で お姉ちゃん、お兄ちゃんだった人

こう言われたことありませんか?

「お姉ちゃん(お兄ちゃん)だから 我慢しなさい」って

 

お姉ちゃん、お兄ちゃんも 子どもなのにねぇ~

 

犠牲と我慢 必要ないから 手放しなさいってことだったのですね~

 

気づいたからには  もう  手放すことにします!

 

 

 

 

 

f:id:noacocomiruku-3:20170131185947j:image