読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人軸・自分軸・新他人軸とは?

 

こんにちは 心理セラピスト うえむらきょうこです

毎日が楽しく 幸せを感じれて 自由に選べる人生をめざす

ビリーフチェンジ・セラピーという心理療法を提供しています

 

 

ビリーフチェンジ入門講座に参加してきました

ビリーフチェンジ・入門講座 – 日本プロセラピスト養成協会

 

毎月一回 「ビリーフチェンジってなに?」「どんなことするの?」

などの説明やデモンストレーションをやっている講座です。

 

ビリーフチェンジ創設者の棚田克彦先生が講師です。

 

とってもわかりやすく ココロのしくみ、悩みのもとをお話しして下さいます。

ビリーフチェンジセラピーのデモンストレーションも行われるので

あわよくば オープンカウンセリングに当たれば ラッキーですよー!(^^)!

 

すっごく 勉強になるので 私は毎月参加しています。

 

f:id:noacocomiruku-3:20170318153549j:image

(大阪梅田にある お初天神からすぐです)

自己重要感

今回のテーマは『自己重要感』でした

 

「自分は重要である」と感じられるかどうか?

「自分って 人間として大切だなぁ」と感じられるかどうか?

自分のこと いいイメージが持てているか いないか?

 

どうですか?みなさん

 

 「セルフイメージ」って考えたこと ありますか?

 

f:id:noacocomiruku-3:20170318153716j:image

(フォトグラファー長谷川千左代さんのお写真をお借りしています)

 

自分で自分のことを認める  他人からも認められている 

 

それらが 満たされていない場合

『重要な存在であってはいけない』というビリーフが影響しています。

 

「私なんて ダメな人間なんです。」ダメダメと言って逃げる人。

 

逆に、プライドが高く、「ごめんなさい」が言えない人だったり

「オレってすごい!」と すごいって思ってもらいたくて 自己アピールする人

 

人から、ちょっと批判的なことを言われた時

過剰に 不機嫌になったり、落ち込んだり、攻撃で返す(キレる)人

 

たとえば

職場で、仕事のことで 上司から注意された場合

仕事のやり方のことを注意されたのに

自分そのものを否定されたと 受け取ってしまう

人間としての核を犯されたのではないのに

 

幼少期の体験から ≪重要であってはいけない≫って思い込んでしまったんですね

 

 

他人軸とは

自己重要感が低い人は

【他人軸】で生きている方が多いです。

 『私の価値は 他人の評価できまる』と思い込んでいるのです。

自分のモノサシで生きていない

本当は自分のやりたいことがあるのに 

周りの人の意見「○○する方がいいんじゃない」と言われると従ってしまう。

あの人はこう言うし この人はこうがいいと言うし・・・

自分で決めると 失敗が恐かったり、自分の意見が言えなかったり

 

まさしく 今までの私です(~_~;)

私の場合は ビリーフチェンジに出会い、セッションを受け続けるうちに

ずいぶん 変わってきました。

 

 

自分軸とは

もともと自己重要感の高い人だったり 様々なセラピーで改善された人は

【自分軸】で生きています。

 

f:id:noacocomiruku-3:20170305113619j:plain

 

『私の価値は 私が決める』

他人の評価を気にせず、他人には決めさせない

お父さん、お母さんがどう言おうと 私はこうすると決めた

「このまんまの私でいいんだ」とどんな自分にもOKを出せる

 

こうであると楽ですよね~

 

しかし

自分軸で生きることは大切なことだけど

行き過ぎると傲慢になちゃうのです💦

 

「自分が大事」「嫌われてもいい」で生きることが 行き過ぎる

他人を寄せ付けなくなりますよね

 

 

ちょっと 想像してみて下さい

自分が年を重ねておじいちゃん、おばあちゃんになった時のこと

 

そうじゃなくても 治らない病気になったり 事故にあってしまい

自分の思うように動けない

 

今まで 自分で出来たことが できない

他人から 助けてもらえないと 生きていけない

 

当たり前に 食事をして トイレでも 当然自分で始末できて

自分で着たい服を着て・・・の生活が一転すると どうなりますか?

 

私だったら

人に迷惑をかけないと生きていけない状況になると

一瞬にして希望を失い 「早く 死にたい」って思ってしまう

 

「他人の評価を気にしない」「自分で自分を認める」なんて

元気だから 思えるのか?

どう思えば 気分よく人生を全うできるのか?

 

追い詰められた 究極の状況で どう価値を見出すのか?

 

 

新・他人軸とは

棚田先生曰く

「自分軸」ばかりではなく もう一度「他人軸」に戻ることも大事

それが

【新・他人軸】で生きること

『固有の関係性の中で 価値は決まる』(他者との間で価値が発生する)

 

「固有の関係」とは 自分の大切な人

 

「こんな自分でも生きていていい」

自分の存在は 周りの人から 与えられている

 

今後、私が、年を取ったり、人に迷惑をかけないと生きていけない状況になり

毎日「死んだほうがいい」と思っていたとすると

 

周りの大切な人たちからや

今後、出会うかもしれない かわいい孫(まだ いませんが)から

「おばあちゃんは 生きていてくれるだけでいいから 死なないで」

そう 言われると 「早く 死にたい」なんて 言えない

 

こんな自分でも 生かされているのかと感謝して 

「ありがとう そう思ってくれる人がいる」と残りの人生を気分よく過ごせるでしょう

 

臆病な「他人軸」だったのが

傲慢な「自分軸」になり

謙虚な「新・他人軸」で生きる

 

棚田先生のお話を聞きながら

 

真面目で、頑固で、自分中心で、 家庭をかえりみなかった父

がんを患い 心を病んで また病気になり 69歳で亡くなった

父を思い出しました。

入院先のベットで「孫が 成人するまで 生きたいなぁ」って言ってた父を。

 

父のことが この記事に繋がるのかどうか?ですが

棚田先生のお話し

「死にたい」と言っているおじいちゃんの家族の方からの相談のお話し

が ココロに染みたのでした。

 

周りの人たちとの関係って大事ですね

みんな 仲良くできたらいいですね~

 

 

f:id:noacocomiruku-3:20170318153742j:image

ビリーフチェンジに興味を持たれた方 

ビリーフチェンジ・入門講座がおススメですよ~

 

 

只今、ビリーフチェンジ・セラピーモニター様を募集中です!

u-kyoko.hatenablog.com