読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理カウンセラー(セラピスト)になると決めたとき。その3

 

 

こんにちは 心理セラピスト うえむらきょうこです

毎日が楽しく 幸せを感じれて 自由に選べる人生をめざす

ビリーフチェンジ・セラピーという心理療法

@大阪で提供しています

 

心理カウンセラー(セラピスト)になるまでを振り返っています。

よろしければ お付き合いください(*^▽^*)

 

f:id:noacocomiruku-3:20170323232756j:image

(梅の花 フォトグラファー長谷川千左代さんからお借りしています)

 

 

 その1 その2はこちらから

 

心理カウンセラー(セラピスト)になると決めたとき。その1

 

心理カウンセラー(セラピスト)になると決めたとき。その2

 

つづきです。

 

この時の

 

私の大きな課題が・・・

 

カードによって・・・

 

明かされました・・・( ゚Д゚)

 

f:id:noacocomiruku-3:20170323232927j:image

ファイティング

人と会う時 戦っている人です。

なぜ ヨロイをきているのか?

攻撃されたら 恐いから・・・

 

怒っていますよね?

 

本当は怖がっているのです この方。

「人が恐い」のです。

 

 

これが 私!?💦

 

私が今 この状態と知って

ショックで フリーズしていたと思います。(一一")

 

 

f:id:noacocomiruku-3:20170323232716j:image

自分で自分のことが分かっていなかった私。 

心理的に 自分に問題ありとも 思っていなかったのです。

 

だれでもかれでも 恐いわけでは無く

人と会った 瞬間に 

「この人は 恐い」「この人は 大丈夫そう・・・」と

無意識に 選別していたのです。

 

『恐い』と思った人の前では 感情を悟られないように 表情を出さない

『無表情』になっていたようです。

 

自分では 笑っているつもりでも 人から見たら 笑っていない。

 

 

後で気づいたこと

 

感情を感じることに 禁止をかけていたようです。

 

なぜなら・・・

 

感じると 壊れそうだから

 

ビリーフチェンジ・セラピーを知る

自分で解決するのは なかなか難しいこと。

解決するなら カウンセリングを受けた方がいい

そして

カウンセラーの 勉強もするなら ココがいいですよと

 

ある 心理セラピストさんを教えていただきました。

 

それが

 

ビリーフチェンジ・セラピーを創設した 棚田克彦先生でした。

 

 

ビリーフチェンジを知るきっかけは ここなんです。

 

 

それから

 

棚田先生の本を 全部買い 読み漁りました。

日本プロセラピスト養成協会のサイトを 何度も見ました。

 

「ココロのしくみが知りたい」

「自分の問題を解決したい」

「心理カウンセラーになりたい」

 

そんな 想いが高まって

 

ビリーフチェンジ・プロセラピスト養成講座 に申し込んだのです。

 

きっと 数々の 心理療法があると思います。(あまり知りませんが)

 

でも なぜか コレだ!と思ったんですね~

 

 

 

 養成講座 卒業の日 棚田克彦先生と私

f:id:noacocomiruku-3:20170323233526j:image

 

 

認定講師の斉木拓洋先生と私

f:id:noacocomiruku-3:20170323233618j:image

 

 

 

 同期の仲間たち~

f:id:noacocomiruku-3:20170323233824j:plain

 ここで 学んだことは 大きい

 

人生 180度 グググーーーーッと 回転し始めました。

 

まだ つづくかな?